アートの力で世界平和を目指す美術家・長坂真護の個展を 銀座シンワ・プリヴェギャラリーで2月16日(火)より10日間開催

ガーナのスラム街が抱える貧困問題と環境問題を解決するために活動している美術家・長坂真護の個展を2月16日(火)より2月26日(金)まで開催します。

2017年6月、長坂真護は「世界最大級の電子機器の墓場」と言われるガーナのスラム街“アグボグブロシー”を訪れ、見渡す限りのゴミの荒野と電子機器のゴミを燃やし生計を立てる人々と出会い人生が一変。彼らの犠牲のもとに成り立つ先進国の豊かな生活に激しい疑問を感じ、“美術の力をもってこの真実を先進国に伝えたい”と決意します。彼は、作品の売上資金でこれまでに、現地へ850個のガスマスクを届け、無料の学校やスラム街初の文化施設である美術館も設立。今最も注目に値する気鋭の美術家・長坂真護の個展をシンワ・プリヴェのギャラリーにて初めて長期開催いたします。ぜひ、ご覧ください。

詳細は下記の通りです。

期間:2021年2月16日(火)〜2月26日(金)※日曜休廊

時間:11:00〜18:00

会場:東京都中央区銀座7‐4‐12銀座メディカルビル1階 Shinwa Prive ギャラリー内 ※予約なしで入館可能です。

入場料:無料

主催:Shinwa ARTEX株式会社 文化支援事業部

感染予防対策のため、ご来場される皆様にご協力いただきたい事

①ギャラリー入口で皆さま全員の体温のチェックと手指の消毒をさせていただきます。
 37.5 ℃以上の発熱、または平熱と比べて高い発熱がある場合、さらに、下記の方はご入館をご遠慮願います。

  •咳、咽頭痛などの症状がある場合

  •新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合

  •過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある場合 等

館内でのマスク着用や、咳エチケットにご留意願います。
館内ではマスクを常時着用し、咳エチケットにご留意いただくとともに、お客様ご自身でも感染症予防対策を行うようお願いいたします。

作品鑑賞時にはお客様同士に距離をとって頂き、できるだけ一方向にお進み願います。

④展示室内での会話はお控えください。
なお館内の混雑を避けるために入館制限を行う場合がありますのでご了承願います。

⑤館内でご気分が悪くなった場合はスタッフにお声がけください。

資産防衛メールマガジン

資産防衛ダイヤモンドの情報を中心に、様々な資産についての情報を提供しています。








以下のアドレスに空メールを送っていただいても登録可能です。
newsletter-apply@shinwa-artex.com