ハインリッヒの法則

本日の会議でハインリッヒの法則について弊社社長から話がありました。

1:29:300 という比率。これはアメリカの損害保険会社のハインリッヒ氏が唱えたもので、実際に重大事故が起こる場合は300のヒヤリと29の小さな事故がその後ろにあるという法則です。

日々業務をしていると、この法則が薄々理解できます。
そして1の重大な事故を防ぐためにもこの「ヒヤリ」をフロー化しようという事に決まりました。

資産防衛メールマガジン

資産防衛ダイヤモンドの情報を中心に、様々な資産についての情報を提供しています。








以下のアドレスに空メールを送っていただいても登録可能です。
newsletter-apply@shinwa-artex.com